悩める東大生の休学タビ記録

就活に悩んだ東大生が、やりたいことをみつけ、休学し旅をする。そんな旅の記録。

東南アジア

「狭隘で絶望的な檻の中に灯った小さな光」|東南アジア旅エッセイ⑧

生きるということは、罪深いエゴを背負って立つということだった。死ぬということは、罪から解放される代わりに、自分のエゴも全て強制的に諦めなければならないということだった。僕は彼ら彼女らが僕のことをいつまでも忘れないでいてくれることを願い、彼…

「4都市に関する話」ベトナム縦断|東南アジア旅エッセイ⑦

ビーチまで歩いてすぐなのだから砂浜で寝ればいい、と思いつき水着に着替えて、防水ポーチの中に財布と携帯を入れてビーチへ向かった。ほんの少しだけ平泳ぎのフォームを確かめた後、防水ポーチを肩から斜めに掛けた状態で砂浜に横になった。天気は曇りだっ…

「エリート」ハノイ|東南アジア旅エッセイ⑥

ラオスの国境審査が終わると、ベトナムの入国審査までラオスでもベトナムでもない場所を5分ほど歩かされた。ここでも、入国審査が終わると「ワンダラー」とお金を要求された。面白いことにちゃんとお釣りをくれた。なんて律儀な賄賂なんだ。

「不協和音」バンビエン|東南アジア旅エッセイ⑤

引き返した方が懸命だったと思う。でも負けたくなかった。世の中には負けてもいい、あるいは負けていると思われてもいい。でも僕はその時負けられなかった。「一度妥協したら死んだも同然」。ずっと負け続けてしまう気がした。もうこれ以上僕は自分に負ける…

「ちょっとしたお話2つ」ルアンパバーン | 東南アジア旅エッセイ④

ある晩ふと気になって、おっちゃんに「お昼は何の仕事をしているの?」と聞いた。

「タイからラオスへ」ルアンパバーン |東南アジア旅エッセイ③

少し原始を感じる木造高床式の家々と棚田からなる小さな村が時折沿線に現れ、強い郷愁を誘う。子供たちは裸で水浴びをし、家畜の子豚兄弟が道を横断し、路肩の水路には水牛がいた。

「自由に許可はいらない」パーイ|東南アジア旅エッセイ②

頭の中でPhillip Phillipsの「Gone, Gone, Gone」が響渡った。 僕は今ひとりでタイの田舎を原付で疾走している。 【東南アジア旅エッセイその②】

「旅立ち」バンコク|東南アジア旅エッセイ①

「あーあ、カオサン来ちゃったよ」 【東南アジア旅エッセイ第一弾】

外から見たタビイク

『タビイク』って知ってますか? 「ひとり旅ってどうしたらいいの?」なんて思ってる人必見です。

【クレジットカード付帯海外旅行保険の使い方】

先日ベトナムのビーチで昼寝をしたら、ひどく日焼けをしてしまいまして。 Tシャツが痛くて着られないというような感じだったので、ホーチミンにて初めてクレカ付帯の海外旅行保険を使ってみました。 誰かの役に立つことを願いながら備忘録的にまとめます。

【クアラルンプールとソクラテス】

「もう海外は日本のことなんて相手にしてないよ」 僕は今マレーシアのクアラルンプールに来ている。 林立する高層ビル群。 便利でキレイな公共交通機関。 大規模なショッピングモール。 そして人は当たり前のように英語を話す。