悩める東大生の休学タビ記録

就活に悩んだ東大生が、やりたいことをみつけ、休学し旅をする。そんな旅の記録。

【ロンドン】初めての1人海外

f:id:frogma:20180328000350j:image
ロンドンへ行こうと思った理由

 

就活をやめようと思った3年生の12月頃、それだったら春休みは暇だし、初めて海外旅行でもしてみようかと思った。ただなんとなく1人で、というのだけは漠然と決めていた。

 

 

 

その当時の僕は1人で海外に行ったことがなくて、旅行会社によるパックツアーしか海外に行く方法を知らなかった。VISA?両替ってどこですんの?飛行機ってどうやってとんの?っていうレベル。

 

しかし調べてみると、1人でパックツアーに申し込むと、追加料金を取られて高い。

 

そこで短期留学という方法に目をつけた。大学生協へ行って、留学と名のつくパンフレットを全てもらってきてプランを練った。

資金は、大学入学祝いやそれまでの人生でもらってきたお年玉の貯金、全財産総額30万。

 

せっかくだし英語圏が良かった。

カナダは日本人が多い、アメリカは高い。

イギリスはアメリカよりは安く、日本人率が低い、おまけに寮付きときた。

 

 

思いついてから早3週間。

僕はロンドンへの2週間短期留学を決めた。

飛行機はどうやらスカイスキャナー(https://www.skyscanner.jp)というのでネットで買えると聞いた。

 

それから

などをネットで調べて手に入れておいた。

 

 

最初はロンドンに行くことしか頭になかったが、「帰りにどこにも寄らないの?」という親の何気ない一言で、帰りにヨーロッパ旅行ができると初めて気づいた僕は、ロンドンから電車ですぐ行ける4泊のパリ旅行をくっつけた。

 

 

実はこのパリ旅行こそが、休学のきっかけになる出会いを生むのだけれど、それはまたパリ編で。

 

2017年3月5日、僕は羽田空港からロンドンへと出発した。

 

 

                   

次の記事はこちら↓

spinningtop.hatenablog.com

 

良かったらスターも押してね!